ポートフォリオを変える

最適解と思っていたポートフォリオを変更

とある理由から以下のとおり変更した。

  • 債権ETFと高配当ETFを辞める。
  • 株のみ、時価総額加重平均のみに投資する。
  • 米国中心+未来の人口で国の配分を決める

いまのところ、以下のポートフォリオを検討中。

変更前変更後
40% 米国株(VTI、SPYD)
40% 中国株(2800.HK)
20% 米国債券(BND)
40% 米国株(S&P500)
30% 中国株(香港ハンセン指数)
20% インド株(SENSEX指数)
10% インドネシア株MSCIインドネシアIMI

こんな感じになる

変更した理由

変更した理由は3つ。

理由1 なんだか複雑になってきた

「リセッションに備えて債権ETFを買って…」

「キャッシュフローを増やすために高配当ETFを買って…」

「債権ETFはAGGとBNDのどっちかな、高配当はSPYDがいいかな…、割合は…」

いつの間にか考えることが増えていた。

理由2 サラリーマンの本業が疎かになりつつあった

銘柄探しははっきり言って楽しい。

スプレッドシート のfinance関数で多数のETFを分析…、楽しい。

しかし、本業に影響を与えてはいけない(会社PCで投資するなどもってのほか)

理由3 やはり市場ポートフォリオが最強

初心に立ち返り、投資の名著「敗者のゲーム」に従うことにした。

本書によると、市場全体への投資、つまり時価総額加重平均への投資をすれば、一流の投資家に引けを取らない(らしい)

リスクはあるが

株式オンリー、インデックス投資オンリーのリスクは高い。リーマンショック並の暴落がくれば半額になるかもしれない。

が、副業が本業に影響を与えては元も子もない。

まとめ

  • 副業に時間を掛けてはいけない。
  • 手間のかからない投資(インデックス投資)にする。
  • サラリーマン業に専念する。

Disqus
投資成績
サラリーマン投資日記