eMAXIS Slim(米国株式 S&P500)は本当に配当金を再投資しているのか?

友人が長期投資を検討しているとき、迷わず「eMAXIS Slim(米国株式 S&P500)」を勧めています。理由は長期投資では低コストの商品が断然優位だからです。でも私自身はVOOなどのさらに低コストなETFを買っています。

このため友人に「eMAXISとETFはどう違うのか?」と質問されました。「eMAXISは配当金を自動的に再投資してくれるが、ETFは手動なので手間」と答えたものの、私自身は答えが怪しいなと感じていました。というのも「eMAXISが本当に配当金を再投資しているのか?」は調べたことがなかったからです。

ということで今回は「『eMAXIS Slim米国株 S&P500』は株の配当金を本当に再投資しているのか?」を調べてみました。

eMAXIS Slim米国株式S&P500の仕組み

発売元の三菱UFJ国際投信のWebサイトによると以下のようにマザーファンドを通して米国株を購入する仕組みで運営されています。

三菱UFJ国際投信のページより引用

結局のところ米国株を買ってるわけですから、配当金は確実に誰かが受け取っているわけです。問題はそれがeMAXIS Slimへ組み込まれているかですね。

S&P500指数との比較

S&P500指数は「S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス」社がピックアップした500銘柄の平均株価です。ここには配当金は含まれていません。このため本当にeMAXISが配当金を再投資していれば、配当金の分だけS&P500より良いパフォーマンスになっているはずです。

eMAXIS Slimの運用が始まった2018/7/3を基準日として、S&P500と比較してみました。

<注意>

  • 基準日である2018/7/3の価格を10,000としたときの比較です。
  • eMAXISは円で取引されているのでドルベースへ変換しています。

少しずつeMAXISがS&P500より高くなってる感じはしますね。差分を見てみます。

為替の影響のせいか、差分値はかなりブレているものの、トレンドとしては少しずつeMAXISが上回っているようです。そのペースは大体2年で3.5%なので、年1.7%程度でしょうか。

つまり「『eMAXIS Slim米国株S&P500』は配当金を再投資しており、その分だけ「S&P500指数」よりもパフォーマンスが良い。その利回りは年1.7%程度である(直近2年は)」と言えそうです。

じゃあその1.7%ってお得なの?(VOOと比較)

でも仮に個別株の配当金が年5%も出てるのにeMAXISの利回りが年1.7%だとしたら大損です。ということで次に同じS&P500指数をベンチマークしているETFである「VOO」と比較してみます。

分配金年間利回り
2019/12$1.431.94%
2020/3$1.181.79%
2020/6$1.432.05%
2020/9$1.311.71%
VOOの直近1年の分配金

VOOはeMAXISと違って配当金(「分配金」と呼ぶ)が貰えます。金額は上記表のとおりで年2%程度の利回りに相当します。

eMAXISとVOOの配当金も同程度のはずです。じゃあeMAXISの1.7%の利回りはダメなのか?、実はそうでもありません。

VOOの分配金は税金で大きく目減りする

上で書いたVOOの分配金は税抜きです。これはETFの大きなデメリットなのですが、分配金は受け取った時点で日本の税金が発生します。税率は20.315%ですので税込みの利回りは以下となります。

2% x ( 1 – 0.20315 ) = 1.59%

<注意>
上記の例では確定申告において「外国税の控除」の制度を活用して米国側の10%の課税を控除した場合の利回りです。確定申告しない方はさらに10%の税金がかかるので利回りは1.39%となります。

eMAXIS Slimは分配金への税金がかからない

前述のとおりeMAXIS Slimは配当金は運営側が勝手に再投資してくれます。この場合は日本の税金がかかりません。このため利回りはeMAXISの方がわずかに良いのです。

ただ、米国側だけの税率は10%程度であることを考えると、eMAXISの運営側は再投資時に配当金の0.1%程度は手間賃を抜いてそうですね。

まとめ〜手間のかからないeMAXISの方が良いと思う

投資信託とETFの大きな違いである配当金を考慮したときに、eMAXIS Slim米国株 S&P500が本当に有利かを確認してみました。VOOとの比較をすると以下の通りとなります。

eMAXIS Slim米国株 S&P500VOO
ベンチマーク指標S&P500S&P500
手数料・信託報酬年0.0968%年0.03%
通貨円(為替リスクあり)ドル
配当金・分配金なし
(自動的に再投資してくれる)
年4回
(手動で再投資しなければならない)
配当金に関する利回り1.7%程度1.59%程度

eMAXISは配当金の利回りで有利、VOOは手数料・信託報酬で有利です。ただどちらも正直ほとんど変わりません。

であればより手間が少ないeMAXISの方が良いのではないでしょうか。というのが今回の結論となります。

それではみなさま、良き投資ライフをお過ごしください。

Disqus
知識
サラリーマン投資日記